2018年10月11日

もうひとつの🌠オンリー・スター - [ω:11] 世界に☆ちゅっ♡ [Prologue]

でも、逆に、最初のお話の有名の欠陥で言うと、無名の彼は、決して大きく誹謗中傷されることがない。

無名なので、注目されることが ほとんどない。

その先の海へ、まだ有名でなくても、軽やかに条件を満たすことができる。


これは、僕らの世界にとって、とても大きな可能性だ。


深さは大きな影響を与える。けれど、有名な人にしか 名誉ある仕事が与えられないことになっている。少なくとも情報はそうなってくる。

すると、深さの具体的行為と影響が有名な人によってしか知られなかった時代とは違う、新しい領域が 無名な人の立場によって開けることに、僕らは気付ける。
posted by とど at 16:00| 世界に☆ちゅっ♡ | 更新情報をチェックする