2020年12月01日

事実は小説より奇なり(Σ₌ω) ☆これからが☀本当のストーリー☆ - [ω:793] 世界に☆ちゅっ♡ [episode:25]

未来のフレンド「では、そろそろ、お話を 次へと渡しましょう。――― さて。では、よく聞いてくださいね。――― あなたたちの世界の未来は、あなたたちの真実。 私の世界とは 同一であるわけでもなく、同様になるとも 限りません。 直観の向かう先へ、さらに、良いものが、今生まれるかもしれません。 だから、私が話したこの内容は、あくまで物語。 事実は小説より奇なり。 行きなさい。 これからが、本当のストーリーですよ!」

POP✧POP❉レ[=オン]❀和(なごみ)∫統領☀「よし、行こう!」

芸術のニンジャさん「そうだね。進もう!!」


―――――――――――――――――――


未来を後にした僕らは、また、タイムマシンと、しばしの旅。


多くの人は気付いていないが、何か、時空的なストーリーを理解すれば、解釈(n)を 全て知った気になってしまう。

それが、場合によって、世界を大きく狭め、歪め、差別をすることにも つながる。


そう。


だから、僕らは、決戦に赴くんだ。 本当の〝自由〟の 意味を見つけて。

直観と共にあることを。


posted by とど at 16:00| 世界に☆ちゅっ♡ | 更新情報をチェックする

2020年12月02日

ある晴れた日!ニンジャ氏☆参入♪♯ω - [ω:794] 世界に☆ちゅっ♡ [episode:25]

更にしばらくして、ある午後の晴れた、穏やかな秋の空の日。 紅茶があったらいいな♡ って?



放映代表取締総長官★「今にボロでるて、ずっと おもっとってんよな。―― やっと落ちたわー。 あー、せーせーした。 あのオトコ、これからは、自分の言ったことが 嘘っぱちー であったことを思い知って、悲しみ苦しみと絶望的な人生を 一生歩むんやろうなぁ。―― ああ、ムノーやから、おっ沈ドルかもな。 いい気味や。」

芸術のニンジャさん「って言ってもさ、あんた、はぴはぴ✧とど☀Kちゃん が、ボツらっくした・・・なんて、誰が決めんのよぉー?」

放映代表取締総長官★「おいおいおいおいおいーー?? あーん?? お前、何でおんねん。 この場所は、使い捨て野郎どもに教えることなどない、俺だけの秘密のエリア。 ここで仕事を指図して、世の中のリアクションを見ている日々や! ―― 無能なオトコとは ちゃうからなぁ。 俺は、たったこれだけで、国民市民から 尊敬され放題や。 そやろ? ―― だれも、情報の権力者のコネクションには、敵わんねん。 俺も、元は、そこで頭下げて、ここまで来たんよ。 やから、一度も 頭下げたこと無いような、謝ることも無いような、そんなオトコ、俺は、大っ嫌いや。―― お前もさ、分かっとんのやろ?―― 権力者に関わることの意味を。―― さあ、もうこれっきりにして、母ちゃんの元に帰り?」
posted by とど at 16:00| 世界に☆ちゅっ♡ | 更新情報をチェックする

2020年12月03日

壮麗なる(ω)逆襲☆彡✧≪劇☀≫♪ - [ω:795] 世界に☆ちゅっ♡ [episode:25]

ある時はマザー!?【&】LOVELY♡[で]✧ホワイト*of[♪]歌姫☆彡「彼が謝らないのは、不当だと思う人にだけよ! 例えば・・・あなたのような!!」

放映代表取締総長官★「う・・・歌姫!?? ――― なんであんたが、ここおんねん!」

LOVELY♡[で]✧ホワイト*of[♪]歌姫☆彡「見つけたわよ! ―― 結構 苦労したんだから。―― 私のところにも 通じていたみたいだから、芋づる式に、ここまでたどり着きました!―― で、ニンジャ氏も見つけて、あんたが 彼に 色々やったのか、聞いたのよ。」

芸術のニンジャさん「まぁ、僕は、傍観だけど。―― それより、おもしろい人が来るよ。」


あーーー、間に合った。 ちょっと、話すの苦労したわ。
posted by とど at 16:00| 世界に☆ちゅっ♡ | 更新情報をチェックする

2020年12月04日

ムーディー✧ムーディー✧ムーディーな💝 ☆For:2人の会話☆ - [ω:796] 世界に☆ちゅっ♡ [episode:25]


少し前。

イイ感じのお店にて。お茶♡


―――――――・・からからからぁーーん~♡(⋈◍>◡<◍)。✧♡



POP✧POP❉レ[=オン]❀和(なごみ)∫統領☀「うん。 ほわほわひめ☆ちゃん に、君、誰とも会わない人だからーって聞いたから、ね。 インターネットで、コメントして、また、出会っちゃったね。」

歌の届け屋さん♡「実は、僕、あなたの書いているものは、ふつーに見てたんだよねー。 最初に出会う ちょっと前からさ。」

POP✧POP❉レ[=オン]❀和(なごみ)∫統領☀「実は、知り合いが、放映関係の仕事を やってたことがあって、そこに、あるところに、ほわほわひめ☆ちゃん が、乗り込んでいくって、言うんだよ。 ちょうど、そのことで、話が来たみたいなんだ。」

歌の届け屋さん♡「だから、僕に、来てほしい・・・って?」
posted by とど at 16:00| 世界に☆ちゅっ♡ | 更新情報をチェックする

2020年12月05日

サイコーのROCK☆💕☆で〝ぶっとばせ👍〟!ω! - [ω:797] 世界に☆ちゅっ♡ [episode:25]

POP✧POP❉レ[=オン]❀和(なごみ)∫統領☀「いや、無理に、とは、言わないんよ? ―― ただ、悔しくないのかな ーー って?」

歌の届け屋さん♡「こころの火を…。 分かってるけど。 変われない…。」

POP✧POP❉レ[=オン]❀和(なごみ)∫統領☀「いつまでも?」

歌の届け屋さん♡「怖いって、彼女にも言ったんだけど、有名な人々って、腹の内 隠して、権力を持って、顔(・∀・) ほっつき 合わせて、そっとしていないというか、それがなんか、肌に合わない。」
posted by とど at 16:00| 世界に☆ちゅっ♡ | 更新情報をチェックする

2020年12月06日

シンプルで癒しの〝直通街道〟💛 - [ω:798] 世界に☆ちゅっ♡ [episode:25]

POP✧POP❉レ[=オン]❀和(なごみ)∫統領☀「いわせとけ(^^」

歌の届け屋さん♡「僕さ、もっと、自分は、素直で、軽くて、誰の話も聞くことができて、シンプルで癒しの人生を、自分の力で、歩んでいけると思ってた。――でも、どうにも、食えないヤツが この世には居る。―― 僕は、その、たった一度のニアミスで、人生すべてを 投げてしまいそうになった。―― すべてが 信頼できなくなった。―― なぜだか・・・まったく 理由が 分からないんだ。―― これは、怒りなのか、恐怖なのか、自己嫌悪なのか、パラノイアなのか、パニックなのか、自分の狡猾さのような気もして、あ――――」

POP✧POP❉レ[=オン]❀和(なごみ)∫統領☀「相手に、飲まれ過ぎじゃね(・∀・)? ――― これ、逆転移なんじゃぁ…。」

歌の届け屋さん♡「冷静にさ、見てるのは 分かるんだけど、一体どうすればいいのか…。 わからない。」
posted by とど at 16:00| 世界に☆ちゅっ♡ | 更新情報をチェックする

2020年12月07日

[意図;]〝カ〟を取れ! ☆ワクワク{💛}未来へのサイコーのメッセージ!!☆ - [ω:799] 世界に☆ちゅっ♡ [episode:25]

POP✧POP❉レ[=オン]❀和(なごみ)∫統領☀「いいじゃん。 僕が ついててあげるからさ。 距離感なんて、人生の中で、変わっていくんだって。」

歌の届け屋さん♡「なんかさ、むかつくんだけどさ、ばかばかしくてさ。 どうせ、言っても、それで、何が、良くなるだろう? ―― そのままにしておいてもさ。」

POP✧POP❉レ[=オン]❀和(なごみ)∫統領☀「肝心の相手は、それを、受け入れた、罰を受けた、って、決めつけるよ? ―― カン違いさせることになる。―― 絶対的な、何か、理由を、証明するために、君を使った。」


歌の届け屋さん♡「ね? ―― もし僕が、思いのたけを ぶっちゃけたら、変わると思う?」

―――――――
posted by とど at 16:00| 世界に☆ちゅっ♡ | 更新情報をチェックする

2020年12月08日

AN(安)DY☆ - [ω:800] 世界に☆ちゅっ♡ [episode:25]【貫け❀僕らの“DIAMOND”トーク✧】

POP✧POP❉レ[=オン]❀和(なごみ)∫統領☀「抹茶ロール、おいしいよーーーー(≧▽≦)」

歌の届け屋さん♡「ほんとだ・・・。 なんて・・・おいしさだろう。――― まるで、昔から、変わらぬ うさちゃん、ほわっほわ! な、てらてら おさんぽ・・・だ。―― あ、思った。―― 僕は、うさちゃん に なりたい!! ―― で、てらてら のんきに おさんぽがしたい!」

POP✧POP❉レ[=オン]❀和(なごみ)∫統領☀「最高の自由。―― あいつには、一生分からないだろう。―― そう。 そうだ。 うさちゃん、ぽたぽた魂を、爆発させよう!! ――― それでいこう!!!!!」


そ・・・それでいくの(・∀・)!?




―――――――――――――――――


そして、いよいよ、はぴはぴ✧とど☀Kちゃん が、因縁の 直接対決!????
posted by とど at 16:00| 世界に☆ちゅっ♡ | 更新情報をチェックする

2020年12月09日

誰にも気づかれなくてもいい! ☆伝えるから☆ - [ω:801] 世界に☆ちゅっ♡ [episode:25]

放映代表取締総長官★「面と向かって 会いに来んような奴 は、社会不適合者や!! ―― そんなんが、選ばれた人間として、使命を授かれるわけがない!―― 歌姫よぉ。 お前、あいつから、会いに来ることなど 一度も無かったんやろ? ―― そんな奴、もうボロボロやろが!」

LOVELY♡[で]✧ホワイト*of[♪]歌姫☆彡「あんたのようなのに、会いたくなかっただけでしょうが!―― 別に、約束を取り付ける方法は、いくらでもあるのよ!!――あんたには、みじんも分かんない!!」

放映代表取締総長官★「お前さ。―― 画面越しの印象と違って、ナマイキやな。―― まるで、あいつを見とるようや。―― なんなんや、この、箱の中のプラモを、そっと壊されたような、イライラした心境は。」

芸術のニンジャさん「そもそもさ、遠距離恋愛を、誰にも気づかれなくても、ずっと想ってる、支えてる、って、心で、愛したのは、ほわほわひめ☆ちゃん の方だから。―― あんた、歌姫の味方したかったんじゃないのかぃ!」
posted by とど at 16:00| 世界に☆ちゅっ♡ | 更新情報をチェックする

2020年12月10日

【欠陥だらけの✧筋書きストーリー】☆by〝歌の届け屋〟(j-o) - [ω:802] 世界に☆ちゅっ♡ [episode:25]

放映代表取締総長官★「こんな・・・ 注目されるための 種も仕掛けもない、ひねりもない、欠陥だらけの筋書きストーリー書いて、俺らに対抗できとるって、思っとんのかいな! ―― こんなん、誰も読まんて。 そして、売れんて。」

歌の届け屋さん♡「芸術家がさ、ぽたぽたうさちゃん☀描いて、何が悪いねん\(◎o◎)/!☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡」

放映代表取締総長官★「は・・・はぁぁん?? ―― ぽたぽたう・・・? ――― こいつ何言っとんねん。―― ていうより、なんでおんねん!??」

歌の届け屋さん♡「なんかさ、色々と、おかしいと 思っては いたんだよ。 で、彼女は、何も言わないし、てか、大して関係なかったし、にもかかわらず、なんか変だし。―― なんなの? ―― この状況。―― すべて・・・ 話させるからな! 意地でも。」


つ・・・つよき。
posted by とど at 16:00| 世界に☆ちゅっ♡ | 更新情報をチェックする