2014年11月21日

太陽(ヒカリ)に届(とど)け! Part54 ~世界を広く~

もう少し明るくなること。とにかく不安すぎるから

世界を広くとろう。

僕らは、互いにそう思っていた。
posted by とど at 21:04| 太陽(ヒカリ)に届(とど)け! | 更新情報をチェックする

2014年11月22日

太陽(ヒカリ)に届(とど)け! Part55 ~僕の負担~

太陽は、決して、手紙を出さなかった。

僕の負担を軽くするためだ。

もっとざっくらばんに言うと、別に好きか わからないから

ということだが(涙)


女の子って〝オペラ座の怪人〟みたく

見えない〝王子様〟にハマるじゃない?

悪魔「くっくっく。このまま互いの首根っこを摑まえておくがよい。今に魔法の呪法を授けようぞ!」

(笑)
posted by とど at 22:11| 太陽(ヒカリ)に届(とど)け! | 更新情報をチェックする

2014年11月23日

太陽(ヒカリ)に届(とど)け! Part56 ~クレイジーなトゥルーラブ~

女の子は残酷だって言うけど

これは面白いテーマだ。

だって、まともにやる?

狂ってるよね。

そこに惚れた。


僕も知りたいよ。

答えがある気がする。

僕は知ってはいけないんだよね。

真実を。
posted by とど at 21:38| 太陽(ヒカリ)に届(とど)け! | 更新情報をチェックする

2014年11月24日

太陽(ヒカリ)に届(とど)け! Part57 ~有名人と〝不自由〟~

考えてほしいんだけど

芸能界…有名人とお友達だとして

君は自由にできるかい?


この世で最も価値あるものは〝自由〟さ。

好きな時に路上ライブもできない…

そんな有名人が〝自由〟かい?

太陽が最も嫌っているもの

それは〝不自由〟!

なのかな?
posted by とど at 21:37| 太陽(ヒカリ)に届(とど)け! | 更新情報をチェックする

2014年11月25日

太陽(ヒカリ)に届(とど)け! Part58 ~感傷で観照~

互いに感傷心があることは認めよう

ただし、これは観照になっていくべきもので

そこから、運命という秘密に対する答えが分かる気がする。

そもそも僕はなぜ歌手になりたいんだろう?

どこで得たの? その根拠。
posted by とど at 21:51| 太陽(ヒカリ)に届(とど)け! | 更新情報をチェックする

2014年11月26日

太陽(ヒカリ)に届(とど)け! Part59 ~今の中に未来がある?~

なぜ、ひとめぼれ?

何度も恋はしたけど、ちょっと、普通のと違ったんだよね。

もし、未来が光の分布のように広がっているものなら

〝きっかけ〟が〝未来〟を持っているのか?

誰かが〝今の中に未来がある〟と言っていたけど

僕もそう思えてきたよ。

また一歩、未来に近づいたね!
posted by とど at 23:05| 太陽(ヒカリ)に届(とど)け! | 更新情報をチェックする

2014年11月27日

太陽(ヒカリ)に届(とど)け! Part60 ~未来を根拠に~

つまり、僕の太陽に対する惚れ能力は

未来を根拠にしている可能性がある

ってこと。
posted by とど at 21:53| 太陽(ヒカリ)に届(とど)け! | 更新情報をチェックする

2014年11月28日

太陽(ヒカリ)に届(とど)け! Part61 ~より大きな今~

今を生きるっていうのが

逃避ではなく、最先端の生き方であることは

哲学者の研究から、分かってたんだ。

だから、今の先に

今と一緒に見える未来、より大きな今が

現在の中にあるんだ…。

僕は、ヒカリを信じることで、少しずつ、その直観を信じることができるようになっていた。

確信できるようになった。
posted by とど at 21:32| 太陽(ヒカリ)に届(とど)け! | 更新情報をチェックする

2014年11月29日

太陽(ヒカリ)に届(とど)け! Part62 ~カップルで研究(・∀・)~

このようにして、僕らの奇妙な研究生活は続いた。

まさか、大学で研究するはずだった僕が

カップルで研究しているなんて!

これは奇妙過ぎる。
posted by とど at 21:35| 太陽(ヒカリ)に届(とど)け! | 更新情報をチェックする

2014年11月30日

太陽(ヒカリ)に届(とど)け! Part63 ~Two Years Later~2年後

そして、最初の春から、2年が過ぎた。


僕は、地元に帰っていた。

休学って制度を廃止して〝資格〟にすればいいのに(笑)

20年後でも戻れるでしょ?

これが〝運命〟を〝既存のルールから解き放つ〟〝共時的ルール〟に開放することだと、悟るきっかけとなったことは、言うまでもない。


というわけで、次なる目的地は〝スクール〟に決定!
posted by とど at 22:25| 太陽(ヒカリ)に届(とど)け! | 更新情報をチェックする