2018年12月25日

オープン・コミュニケーション - [ω:86] 世界に☆ちゅっ♡ [episode:2]

ライとアップMAN「例えば、この議論をネットに乗せたとしても、基本、一般の人は誰も見ないよね?」

レオンちゃん「でも、放映コミュニティ同士の抗争と言うか、その中でも健全ではないタイプの制作や方法・付くファン層などにより、オープンなコミュニケーションをしない陣営ができてくることがあって、戦争で繰り返し証明されているけど、そういう放映コミュニティの陣営が、ライと君が言った、誰も見ていないと思わせて一定の規模で制作させるプロジェクトを決行し、実は陣営の主張ミサイルにしようと画策している・・・という。」


言葉は比喩だし、よくないかもしれないけど、想像の範疇だから、余計怖いよね(笑)
posted by とど at 16:00| 世界に☆ちゅっ♡ | 更新情報をチェックする

2018年12月24日

女性も子どもも「大好き」だから!! - [ω:85] 世界に☆ちゅっ♡ [episode:2]

ライとアップMAN「もし、僕の書いた洞察なんかを、適切に使った陣営がいたとするよね。で、その陣営と異にする思想なんかを持っている放映の陣営が、そこに、僕の書いたものが原案もとい原動力にあることを知ると、使うと思うんですよ。」

レオンちゃん「しかも、その時点で、原動力ではなく 嫌がらせになって来るから、ライと君の気持ちとは 恐ろしく逆行した形で使われかねないんだよね。」


政治の汚職などで世界中で有名な、ある種 芸術界バージョンだ。
posted by とど at 16:00| 世界に☆ちゅっ♡ | 更新情報をチェックする

2018年12月23日

多時間に通じる経験のキャリア☆彡 - [ω:84] 世界に☆ちゅっ♡ [episode:2]

ライとアップMAN「もし、あるアニメのキャストを集めた陣営が、それをごっそり持って行かれたとしましょう。」

レオンちゃん「後の方が説得力があっても、集めた方が相手を恨むってこともあり得るよね。」

ライとアップMAN「そういうのを、想定でしか知れないのに、なんか、巻き込まれている感じがするのですよ。」

レオンちゃん「それ、きっついよね。要は、放映コミュニティ同士に、私たちが知り得ないというか、うわさでしかわからない抗争があると感じること。」


インターネットは、言葉を持つ誰にでも使える。それが、現在を未だ混乱させる。
posted by とど at 16:00| 世界に☆ちゅっ♡ | 更新情報をチェックする

2018年12月22日

未来へ向かう光✧ - [ω:83] 世界に☆ちゅっ♡ [episode:2]

ライとアップMAN「僕は、このインターネット社会で、あまりにも、視聴者側から出たサイドと制作者側から出たサイドに隔たりがありすぎると感じました。」

レオンちゃん「本当は、両者歩み寄れれば最高なんだけど、それがなかなかできないよね。」

ライとアップMAN「最近脅威に思うのは、放映するコミュニティ同士、資本主義としての競争相手にて仲が良くない抗争がある気がしてなりません。」

レオンちゃん「というか、常識と言う噂になっているけどね。」
posted by とど at 16:00| 世界に☆ちゅっ♡ | 更新情報をチェックする

2018年12月21日

君への情熱💛 - [ω:82] 世界に☆ちゅっ♡ [episode:2]

ライとアップMAN「僕が意外だったのは、それを売るために取り入れることに、意外なほどに無頓着な陣営がいると思ったことです。」

レオンちゃん「こういうのって、相談とかしなくてもいいことになっているからね。車のスピード違反と言わない流れに乗る暴走と同じく、普通に行われているよね。」

ライとアップMAN「たぶん、チェックするのです。世に出た作品と被らないかとか。」

レオンちゃん「でも、それ、普通に、使われることになるからね。」
posted by とど at 16:00| 世界に☆ちゅっ♡ | 更新情報をチェックする