2019年10月08日

ラフに入っても奥深いメンテ (クロスバイク) - [ω:373] 世界に☆ちゅっ♡ [episode:13]

お隣ライダー「フレームも、パーツクリーナーか、何なら水でも、ティッシュ系の柔らかいもので丁寧に汚れを取って、メンテナンスしておけば、状態が分かる。 ワイヤーでこすれる部分は、そのうち、簡単なシールで保護してもいい。」

POP✧POP❉レ[=オン]❀和∫統領☀「こう考えていけば、色々と、学ぶことは多いんだけど、軽やかに走行したいからチェーンを洗うわけだし、歯が削れてほしくないからスプロケットを拭くわけで、タイヤも長く持ってほしいから汚れを落とすわけで、結局は、ライドをするたびに、気付いたことがきっかけで、やがてやるようになるというだけ。 最初からすべてを頭でっかちに行っていたわけでは…無い。」
posted by とど at 16:00| 世界に☆ちゅっ♡ | 更新情報をチェックする

2019年10月07日

クロスバイクのメンテナンス・サイクル - [ω:372] 世界に☆ちゅっ♡ [episode:13]

お隣ライダー「メンテナンスは、ライドの後、タイヤを水濡れタオルを使って拭く。その後 乾いたタオルでも拭く。 ホイールのブレーキシューの当たるリムサイドもきれいにして、ついでにスポークも拭いておくといい。 スプロケット各種を拭いて ゴミや砂を含んだ油を除去しておく。 このとき、油を新たに差す必要はないと思う。 走行しながら 僕は行きわたらせている。」

POP✧POP❉レ[=オン]❀和∫統領☀「他にも、大体、色々と分かってくるんだよね。 ライドする前には、チェーンに専用クリーナーを吹き付けて歯ブラシでこするを何度かやって、最終的に ライド用の油を リンクに1滴ずつたらして馴染ませて、余分な油を念入りにふき取って、準備OK。」
posted by とど at 16:00| 世界に☆ちゅっ♡ | 更新情報をチェックする

2019年10月06日

ボルト回しがハードル (クロスバイク) - [ω:371] 世界に☆ちゅっ♡ [episode:13]

お隣ライダー「ボルト類って、固着すると、本当に外れなくて、小さなプラスねじとかが厄介。 大抵はアーレンキーを使える六角ボルトだから、押す力をメインに固定して、てこの原理でうまく回せるようになれば、5N・m(ニュートンメートル)位なら意外と大丈夫。 固着している場合は、油を吹き付けたりすればいいんだけど、取る時にパキッていうほど固着していることもあるからね。 取れるところは、取る機会があったときに、ねじとねじ穴をパーツクリーナーで掃除して、ねじにグリスを塗り、その後、内部に油を差さないようにする、かな。」

POP✧POP❉レ[=オン]❀和∫統領☀「結局、やることは多いんだけど、一気にやることはなくて、気になる所からやっていけばいい。 ミス厳禁のところを見極めて、自転車屋さんに持って行けば、大概 外してくれるもんね。」
posted by とど at 16:00| 世界に☆ちゅっ♡ | 更新情報をチェックする

2019年10月05日

オイル・グリス・ボルト/ワイヤー(スチール・SUS) 【クロスバイク】 - [ω:370] 世界に☆ちゅっ♡ [episode:13]

POP✧POP❉レ[=オン]❀和∫統領☀「ボルト類は錆びるから、内部には油を差さずにグリスを塗って、ねじ頭に油をぬりぬりすればいい。雨に当たると、結構弱いよね。 ワイヤーも、水が入らないように、露出しているインナーワイヤーから 太い線のアウターワイヤーに覆われ始める場所、替わる場所に、少量のグリスを塗ることで、雨水の侵入を防ぎやすくなる、とか。 ワイヤーは大抵スチールが付いているけど、ステンレス製の方が錆びなくて安心できる。 値段はどちらも程よく安い。 シフトワイヤーは細めで、変速しまくるリアは特に劣化しやすくて、たくさん乗れば1年持たないかも。 ブレーキワイヤーはやや太くて、そこそこ持つんだ。 つまり、持つものほど、錆びないステンレス製にしておいた方が安心。 劣化が早い場所は、どちらにしても、気を使いながら様子を見て、早めに変える方がいい。」
posted by とど at 16:00| 世界に☆ちゅっ♡ | 更新情報をチェックする

2019年10月04日

ブレーキシューの削れ具合/// (クロスバイク) - [ω:369] 世界に☆ちゅっ♡ [episode:13]【ロイヤル・nagomiトークに☆ちゅっ♡】

お隣ライダー「他にも、色々なことが、ライド中にあると思うけど、ライド後にメンテナンスをすることで、結構 色々なことを予防できる。 ブレーキシューに異物が噛んでいる場合は、適当なものを使って取り除く必要がある場合があるけど、Vブレーキなら、開放するだけなら そこそこ簡単だから、それだけでも シューの裏の面が見える。 ライド中に気になったら、メンテナンス時に、異物が有るかを見ることもできる。 特に、シューの削れ方に溝が多いと、大きな異物が挟まることがあって、それが走行中に起こったら、異物を取り除けるよう、仕組みを分かっていたら役に立つ。」
posted by とど at 16:00| 世界に☆ちゅっ♡ | 更新情報をチェックする