2019年05月18日

みんな✧LOVE♡LOVE♡ - [ω:230] 世界に☆ちゅっ♡ [episode:6]【ほほえみのライブに☆ちゅっ♡】【FINE】

インターネット、そして その役割を受ける同等の放映番組は、理性的に公正で落ち着いた見解を見いだす 強い助けになる。

今までは、当てずっぽうで有名を探していた人々も、競争の矛盾点を理解することで、迷いが晴れていく。


これには、確かに順番が必要だけど、若いうちは、きっと友だちと楽しくやるので、学びは多い。

よく考えたら、頭出過ぎて、友達がいなくなっていて、人のいる場所に姿を現して、そう言えば昔は 友だちとこういう気持ちで交流していたんだなと思い出すんだ。

それは、興味深い。


それでも、パフォーマンスや作品で友達を作るのが芸術家だ。

きっと、若い子と親密になりすぎれば、困り果てるのだろう(笑)


なんか ――― それも、いいね!


世界に☆ちゅっ♡ Episode;6「ほほえみのライブに☆ちゅっ♡」
posted by とど at 16:00| 世界に☆ちゅっ♡ | 更新情報をチェックする

2019年05月17日

すばらしい☀(・∀・)レア✧✧✧✧✧ 〃 - [ω:229] 世界に☆ちゅっ♡ [episode:6]

歌の届け屋さん♡「今回はアリガトね。 最近、長話する人が少なくてね。特にディープなお話はインターネットで見るばかり。 とても参考に、いい経験になったよ。 ありがとう!」

POP✧POP❉レ[=オン]ちゃん☀「うん!ありがとう。 良い日々を!」


歌の届け屋さん♡「ちゃお!」

POP✧POP❉レ[=オン]ちゃん☀「ちゃお!」
posted by とど at 16:00| 世界に☆ちゅっ♡ | 更新情報をチェックする

2019年05月16日

かわいい♡ すごい(・∀・)♢ - [ω:228] 世界に☆ちゅっ♡ [episode:6]

歌の届け屋さん♡「実は、こうしてライブをする本当の目的は、次世代であるミレニアム世代から、認められること、 理解して深く交流することだったりする。 ものすごく意識しているわけではないけれど、やっぱり、カワイイよね。ミレニアム世代って。」

POP✧POP❉レ[=オン]ちゃん☀「今からだからね。知恵がついてくるのって。 そのうち すごい速度で パラレルワールドのことについて対話し始めるよ(笑)」

歌の届け屋さん♡「やっぱり、男女両性的というか、ある意味、みんな女の子のいいとこどりみたいで、好きやわ♡」

POP✧POP❉レ[=オン]ちゃん☀「見えない抑圧が少ない分、簡単に草食男子にシフトできるんだよね。 選ばされたジェンダーではないからね。」


すごいよね(笑)
posted by とど at 16:00| 世界に☆ちゅっ♡ | 更新情報をチェックする

2019年05月15日

アッポー♡(UP!)✧アッポー♡(UP!)✧ ―〝すてきな夢だね〟♪♪ - [ω:227] 世界に☆ちゅっ♡ [episode:6]

歌の届け屋さん♡「もっと、あの気持ちを感じたいよ。 人は 優しい気持ちに恍惚すると そのために何でもできる。 でも、一定時間経つと魔法が解けて、その永久錬金法のチャンスを逃してしまう。 その前後に逢った人と境遇からのひどい扱いなどによって さらに傷つきショックを受け、下手するとテロリストになる。 保守派は、正しい成長という永久錬金法を理解しないか知らないので 極端な見解に走りがちで、それが おかしな人々の狂信につながる。 僕は、自他に誤解を与えないように、信頼の原則を根拠にして、人の優しくとろける真実をずっと見たいんだよ。 それに 願望なき無心も必要であることは知ってるんだ。」

POP✧POP❉レ[=オン]ちゃん☀「ちょーちょー、すてきな夢だね(^^♪」
posted by とど at 16:00| 世界に☆ちゅっ♡ | 更新情報をチェックする

2019年05月14日

オレンジ系にピーチ味も(・∀・)ワクワクω✧✧ - [ω:226] 世界に☆ちゅっ♡ [episode:6]

POP✧POP❉レ[=オン]ちゃん☀「ぶどうジュースがさ。紛争時に売れなくて、より熟成されたわけじゃん。――ただでは起きないっていうことなんだよね。 捨てられるのに抵抗して あきらめるのを拒んで。」

歌の届け屋さん♡「ジュースに紛争の責任は無いからね。ミュージシャンも同じ。平和のこの行為を歌う。」

POP✧POP❉レ[=オン]ちゃん☀「歴史を見ると、まるで一般市民が戦争に関与したかのような印象を受けるけど、芸術を大切にしていけば、そうでなかったことを伝えてくれるからね。 彼らは低コストで 歴史を記録する方法を持っているからね。 現に多くの歴史の理解は アーティストの作品の解釈によって成り立っているのだからね。」


そのために必要なのは、たぶん スポーティーな趣味を持つことと 譲れない好きな存在を熱愛すること。

ライブは、やりたくなるまで 溜めればいい!
posted by とど at 16:00| 世界に☆ちゅっ♡ | 更新情報をチェックする