2016年02月17日

軽やかで自由な感性 - [Q:41] 英雄(え~ゆ~)の旅

多くの人は、〝どうすれば、理想的たわごとに、近づけるのか?〟と問う。

しかし、〝そういったことに気付けるようになった〟〝昔は選べなかった〟ことは

多次元的な意味において〝ご都合主義とは真逆〟にある。

これこそ、選べる真の時代の〝自由〟であり

運命を感じ、ありのまま無選択な〝選択〟をすることで

日々に〝多次元観〟を浸透させてゆく。

これこそ、人口爆発からニヒリスティックな戦争荒廃主義に至るまでの〝切羽詰まった〟空気を

直接〝今〟打破する、重要な愛鍵だ。
posted by とど at 20:30| 英雄(え~ゆ~)の旅 | 更新情報をチェックする

2016年02月18日

心変わりに ほだされぬ〝直観〟 - [Q:42] 英雄(え~ゆ~)の旅

では、この合鍵(笑)は、何によって作られているのだろう?

〝今‐時間〟だ。

僕らは、ある一定以上の思いやりの段階に達すると

〝どうにかしなければ、世界が終ってしまう〟と感じる。

それは、〝過去の憂いや未来の期待と不安〟と関係のない

〝多彩な今‐時間〟が存在していて

僕たちは、その中で迷子になってしまっているんじゃないか?

そう考える。


迷い子 羊さ♪
posted by とど at 22:32| 英雄(え~ゆ~)の旅 | 更新情報をチェックする

2016年02月19日

より良く変わって 夢‐実現♪ - [Q:43] 英雄(え~ゆ~)の旅

〝働かなければいけない〟信念は

〝運命‐多次元観〟を、素晴らしく( ゚Д゚)無視し

事は、古典物理学のように

〝目に見えて、順調〟に思う。


地球規模の問題と、アンバランスな荒廃

この世は他ならぬ地獄でもあるということから目を背けるに背けられず

ただ冷笑して働くだけの毎日

もし、少しでもこのことに焦っているのなら、もっと〝今‐時間〟認識のモラルを

鍛えた方がいい。

余計な争いをしないために。
posted by とど at 22:28| 英雄(え~ゆ~)の旅 | 更新情報をチェックする

2016年02月20日

落ち着けば〝キメられる〟 - [Q:44] 英雄(え~ゆ~)の旅

だから、よく、誤解される。


〝働かないことは、無条件で悪い!〟

―― 一体、君の働くことの条件は何なのさ?


〝孤独なんてバカみたい〟

―― 時代には〝今は孤独で未来に仲間〟っていう〝継ぎ目〟がある


成長のためにも、誰かが、バランスを取っていく。

そうしたことを、限界ギリギリまでやらなければ

このアンバランスでイデオロギッシュΣ(゚Д゚)な世の中には

深い意味で対抗できないだろう。

見えない何かに、地球は滅ぼされてしまう。
posted by とど at 21:38| 英雄(え~ゆ~)の旅 | 更新情報をチェックする

2016年02月21日

反動なき〝献身〟 - [Q:45] 英雄(え~ゆ~)の旅

この生き方は、罪の意識を基に成り立っている。

そういった意識のない人が多いのが、問題だ。

これが、さらに話をややこしくさせる。


一般に、〝何をしてもよい〟という発想は

〝働きさえすれば、何をやっても善い〟ということになりがちで

閉鎖的な組織は、たいていが、こういった問題を強くはらんでる。


そういった場所に恨みを持った者は、別の破壊的な生き方をするのかもしれないし

どちらにしても、〝今‐時間〟のモラルを、あまりに無視しているよね。

自分から、始めることができるというのに。
posted by とど at 21:15| 英雄(え~ゆ~)の旅 | 更新情報をチェックする

2016年02月22日

よく観れば〝含んでる〟 - [Q:46] 英雄(え~ゆ~)の旅

共時性についても、こういった、神秘的かつ道徳的かつヒーリング(治癒)的に解釈しようといった動きにはなかなかならない。

実質、眼を向ければ、ふしぎなことは多数ある。

サンタクロースはいない、妖精は来ない、ことが分かった後も

自分の中にある〝サンタクロースと妖精〟は、決して、消えない。

にもかかわらず、みな、何らかの悪い〝妖・精〟なんちゃら~(・∀・)を不合理に抱えていて

思い込みという名の悪夢が、〝明確に克服したはずの呪術性〟の裏切を生み

何やら、わけ分からぬことになっている。

〝今‐時間〟は、それを識別するツールだ。
posted by とど at 22:50| 英雄(え~ゆ~)の旅 | 更新情報をチェックする

2016年02月23日

圧倒されない自分を探す - [Q:47] 英雄(え~ゆ~)の旅

集団的圧力、(所与の)常識、排他性、物質主義、楽な生き方の悪い方、慣習的倫理、影・・・

いろいろあれど、なんらかの〝抜ける道〟はある。

すべては、因果と〝今‐時間〟の識別に失敗し、後者などないと思い込むことから来ている。

どうせ待っていても、なんらかの不思議な多次元観はあるのだし

自分から、そういった〝イイ勘〟に従うっていう〝賭け〟は、長期的に必要。

種々説明はあれど、基本的な虚無感は〝皆混乱しすぎていて僕もそれに参与するしかない〟という、食われる恐怖に基づいているのだから。
posted by とど at 22:03| 英雄(え~ゆ~)の旅 | 更新情報をチェックする

2016年02月24日

この〝ニオイ〟も〝深く〟を 選ぶ - [Q:48] 英雄(え~ゆ~)の旅

こうして、僕は、たくさん考えた。

こころのよーせー「なるほどね~。まー、ディープなことを言いたい気持ちは分かるけど、ちょっと、暴走気味でもあるよね。」

そ~「どちらにしても、僕は考えたんだ。正しさをよりよく相対化できるというのなら、まだ人類があまりやっていない領域なら、文句なんて言われないんじゃないか(笑)って(^^」

こころのよーせー「排他的…というか、異端視されることもあるかもしれないけれどね。」

そ~「どちらにせよ、ブラック企業で沢山働くことに〝呪術的な充実感‐喜び〟があるとして、やっぱり、〝楽して生きることで根源的に自分の出来る得意なことをする〟っていう、前者と反対のやり方は〝正しい〟とも言えてしまう。自己実現の本質。ここ重要。」
posted by とど at 23:08| 英雄(え~ゆ~)の旅 | 更新情報をチェックする

2016年02月25日

知性の成熟 責任豊かに - [Q:49] 英雄(え~ゆ~)の旅

皆、悩み苦しんでいるんだよね。

多いのが、〝これをやってって言われたんだけど、やっていいのかわからない〟

〝君はそういうけど、あっちは別のこと言ってるし、どうすればいいの?〟

別に、どうということはない。

自分か相手か取り巻くグループ社会かすべてか、とにかく何らかの混乱があって

自分が仲間が、〝それに侵食される〟と直観したときに

おどろおどろしい、自己憐憫からの自他破壊しょーどーが・・・

これって、よく、〝戦争の理由〟〝あきらめの理由〟に投影される。
posted by とど at 23:06| 英雄(え~ゆ~)の旅 | 更新情報をチェックする

2016年02月26日

社会のルールも〝今‐直観〟 - [Q:50] 英雄(え~ゆ~)の旅

だからといって、ツールが無いわけではない。


繰り返し言われてることだけど

みな、なんらかの〝間違い〟を犯し、或いはその脅威に押しつぶされていくことから

〝選ぶに選ぶことができなくなってしまう〟ということが

どうしても起こる。


しかし、こればっかりは、〝人に助けを求める〟場合と〝孤独から学ぶ〟場合

どちらにせよ、〝直観に従って、自分で何とかしなければ、例の社会規模の飲み込みに負けたまま〟

ということに。


上記圧力は、〝呪術的恐怖〟として、経験されると思うよ。
posted by とど at 23:23| 英雄(え~ゆ~)の旅 | 更新情報をチェックする