2016年01月18日

新たな〝知覚モード〟と〝多世界解釈〟 - [Q:11] 英雄(え~ゆ~)の旅

もちろん、〝今‐時間〟は、〝まどろむ原始的な時間‐知覚〟でもない。

現代物理学とともに現れた、新たな〝知覚モード〟としてあるもの。

これによると、〝存在の微視的確率〟とは

〝あらゆる 今‐時間〟と関係するもので

〝私・私たち・世界〟のすべてにおいて、そういった〝多世界解釈〟ができるのではないか?

という予感が

この、洗練できる〝今‐時間〟から、分かるんだよ。
posted by とど at 22:53| 英雄(え~ゆ~)の旅 | 更新情報をチェックする

2016年01月19日

予知夢のメカニズムと多次元世界 - [Q:12] 英雄(え~ゆ~)の旅

さて。

いろんな〝多次元〟が見えてきたところで

現代の発見した、いくつかの功績(痕跡)を紹介しておこう。


まず、〝予知夢〟だ。

これは、なぜか、未来を知ることができる代物で、当たらないこともある。

当たらないものは〝予知夢の更新(マスター)〟と言えて

いいものは逆に〝当たる〟方向で洗練されていく。

最大の特徴は、〝当たらない、リアルな別世界として観測されている〟

こと。
posted by とど at 21:57| 英雄(え~ゆ~)の旅 | 更新情報をチェックする

2016年01月20日

〝デジャヴ〟〝刻まれた今‐時間〟〝別次元〟 - [Q:13] 英雄(え~ゆ~)の旅

次に、〝デジャヴ〟だ。

予知夢の進化形と呼んでいい。

〝予知夢のマスター〟など、あまりに明白に〝刻まれた今‐時間〟として

認識されるとき

多次元的に、予感がする。

〝ああ。前にもこんなことが(今)あったなぁ・・・。〟

大抵の人は、〝円環のつながった時間〟を想像するけれど

起きていない以上、明らかに〝別次元〟の存在を想定することになる。
posted by とど at 22:45| 英雄(え~ゆ~)の旅 | 更新情報をチェックする

2016年01月21日

〝認識の進化〟と〝精妙な常識〟 - [Q:14] 英雄(え~ゆ~)の旅

これらは、〝認識の進化〟により、私たちが集団規模で〝気付いた〟もの。

現代物理学とその高度にある多数の分野の精妙な常識が、社会文化に浸透した結果だ。


もう一つ。

〝粒子が別次元に行った〟事も特記すべきだ。

他に、よく知られている〝トンネル効果〟

〝核融合の成功〟〝夢は 今‐時間 的に、一瞬/全体 を 内包している認識仮説〟

なんだか、おいおいけっこういってるね(・∀・) って、みんな思ってる。
posted by とど at 22:42| 英雄(え~ゆ~)の旅 | 更新情報をチェックする

2016年01月22日

多世界に行く 実質的方法 - [Q:15] 英雄(え~ゆ~)の旅

というわけで

そろそろ、最初の謎掛けに戻ろう。

考えた人はいるかな?


つまり、パラレルワールドがあるなら、タイムマシンはできるはず。

そして、多世界に行く実質的方法もあるはずだ…。と。


よく言われている〝亜光速〟とか〝光速度不変の法則〟により

さぁ、みんなで、これを考えてみよう。
posted by とど at 22:56| 英雄(え~ゆ~)の旅 | 更新情報をチェックする

2016年01月23日

光を追いかければ・・・ - [Q:16] 英雄(え~ゆ~)の旅

答えは…。

最後にしてもいいけど、まだまだ仮説には変わりないから、考えたい人は、読み飛ばしてもらうとして


そうだね。

地球から、光速で宇宙船を飛ばして、光も飛ぶとすると

観測者としては、〝宇宙船内では、前に飛んでいく光は、地球では、とっくに飛んで行った光〟なんだよ(笑)

かなりよく知られている考えだけど、つまり、光を追いかければ・・・
posted by とど at 23:06| 英雄(え~ゆ~)の旅 | 更新情報をチェックする

2016年01月24日

観測者の相対性 - [Q:17] 英雄(え~ゆ~)の旅

もちろん、観測者自体が、現代物理学‐微視的見地からは〝精妙〟であり、〝???〟かもしれないけど

ここで登場するのが〝慣性系〟だ。

口々に皆言っている気がするし、エーテル体って言って〝絶対基準の空間は存在するか?〟という考え方にも表れている。

例えば、〝そこにPCがある〟

でも、PCって、地球と共に、回転しているんだよね。

このように、観測者の相対性を考慮して、光について、考えると・・・
posted by とど at 23:05| 英雄(え~ゆ~)の旅 | 更新情報をチェックする

2016年01月25日

〝慣性系〟で 種々想像♪ - [Q:18] 英雄(え~ゆ~)の旅

亜光速で宇宙船を飛ばすと、要するに、独特な〝慣性系〟と呼ばれる〝スペース〟ができる。

一種の〝超空間〟だと思うし、これで〝ある定義のワープ〟ができるのかもしれないけど

もし、こういった〝慣性系〟を安定的に出現させられれば

〝地球上の相対的に静止した空間からは見えないような別法則にのっとった、もうひとつの静止空間〟

が導かれ・・・
posted by とど at 21:12| 英雄(え~ゆ~)の旅 | 更新情報をチェックする

2016年01月26日

〝不変な〟光の見え方 - [Q:19] 英雄(え~ゆ~)の旅

―――るかもしれないよね。

便宜上そう呼ぶ、〝慣性系〟は

そこでも光は〝不変〟だと思われ

地球上の空間とは別の観測のされ方をする。


地球から、亜光速宇宙船と光を同時に飛ばしたら

〝光の方が少し先に〟地球より遠くへ進むから

地球上観測基点で、宇宙船と光の距離が、〝経過時間〟に関わってくる。

よって・・・
posted by とど at 21:50| 英雄(え~ゆ~)の旅 | 更新情報をチェックする

2016年01月27日

光観測の〝時空間論〟考 - [Q:20] 英雄(え~ゆ~)の旅

地球〝今‐時間〟では、やがて〝光は宇宙船から見えなくなる〟けど

宇宙船を取り巻く、亜光速の慣性系では

〝一瞬で、光は宇宙船から見えなくなる〟


ということは・・・

地球〝今‐時間〟の連続した光フレームが、一気に、〝未来に流れた〟

〝未来の 今‐時間が観測された〟〝未来の 今‐時間の光を、芋づる式に見た〟

ということに・・・ なるよね?
posted by とど at 23:35| 英雄(え~ゆ~)の旅 | 更新情報をチェックする