2014年10月29日

太陽(ヒカリ)に届(とど)け! Part31 ~ロンリーナイト~

おちつけ・・・。

でも、閑散とした霧がかった小雨の山中に、一人ただ静寂として置き去りにされた気分。

このまま夜になったら、どんな気持ちになる?

でも、せめて、この土のにおいを好きになり、そして、自然と友達に…。

そうして、1年が過ぎた。
posted by とど at 23:47| 太陽(ヒカリ)に届(とど)け! | 更新情報をチェックする

2014年10月30日

太陽(ヒカリ)に届(とど)け! Part32 ~自転車と図書館と温泉~

僕は、少しだけたくましくなった。

自転車で数十キロ先の隣町まで行ったり

中央図書館ですんごい本に出会ったり

近場の温泉に寄ったり。
posted by とど at 22:58| 太陽(ヒカリ)に届(とど)け! | 更新情報をチェックする

2014年10月31日

太陽(ヒカリ)に届(とど)け! Part33 ~それでもいい~

何もかもが充実してたけど

変わった孤独な、世間から離れちまった、何かになってた。

それでもいい。僕は、彼女さえいれば幸せなんだ。

淡い光をかみしめながら、僕は、溶けていく思いの先に

未来を見ようとした。

崩壊しないように…。
posted by とど at 21:30| 太陽(ヒカリ)に届(とど)け! | 更新情報をチェックする

2014年11月01日

太陽(ヒカリ)に届(とど)け! Part34 ~不思議な偶然 塵芥の幻想~

でも。

不安は次から次へと襲ってくる。

本当に太陽は、僕のそばにあるのか??

不思議な共時性が起こったけど

あの日、あの言葉で書いた手紙だからこそ

あの日、偶然にも取ったアルバムがこの必然に導いたとしても

結局それが、塵芥の中の・・・ただの幻想で、何も始まっていないとしたら…。
posted by とど at 21:37| 太陽(ヒカリ)に届(とど)け! | 更新情報をチェックする

2014年11月02日

太陽(ヒカリ)に届(とど)け! Part35 ~ベタ過ぎるのって、10年持たないんだよね(・∀・)~

さびしい・・・。

それを詩にしてみたりしたけれど。

やっぱり嫌!

あまいあまーーい、恋のとろける理想がいい。

もっともーーっと・・・。

〝君が好きだよ〟

でも、ベタ過ぎるのって、10年持たないんだよね(・∀・)
posted by とど at 21:24| 太陽(ヒカリ)に届(とど)け! | 更新情報をチェックする

2014年11月03日

太陽(ヒカリ)に届(とど)け! Part36 ~ソウル イン ミッドナイト~

魂の闇夜。

それはある。

たしかにある!!

でも、そうそう恐るるもんでもない。

彼女も怖いのだ。
posted by とど at 22:10| 太陽(ヒカリ)に届(とど)け! | 更新情報をチェックする

2014年11月04日

太陽(ヒカリ)に届(とど)け! Part37 ~恋の根源が分からない!~

たかだか、3年ちょっと、お姉さんなだけで

いくら僕が年上好き、お姉さま好きでも

ヒカリとは、友達で、兄弟で、家族で・・・

優しく照らしてくれるけど、わがままだけど

酷いことをする人じゃない。

応援したい。でも、抜け出せない。

恋って何??
posted by とど at 20:50| 太陽(ヒカリ)に届(とど)け! | 更新情報をチェックする

2014年11月05日

太陽(ヒカリ)に届(とど)け! Part38 ~恋をすると~

僕はどうしたいのだろう。

恋をすると世界が広がるというけれど

僕の場合は、広がるというより

どんどん世界が狭くなる。
posted by とど at 22:16| 太陽(ヒカリ)に届(とど)け! | 更新情報をチェックする

2014年11月06日

太陽(ヒカリ)に届(とど)け! Part39 ~根を張る~

でも、それが〝魂の蛇行〟らしく

内部に深く深く根を張るということ。

深さが広さにつながるんだ。

君だけを見つめるよ。
posted by とど at 22:14| 太陽(ヒカリ)に届(とど)け! | 更新情報をチェックする

2014年11月07日

太陽(ヒカリ)に届(とど)け! Part40 ~その意味するところ~

大恋愛。その意味するところが解りたい。

そう、今は、このドキドキから広がる無限の可能性にただ身をゆだねられるように

訓練することなく訓練できるように・・・

もう下を向きたくない。
posted by とど at 22:09| 太陽(ヒカリ)に届(とど)け! | 更新情報をチェックする