2014年06月08日

宇宙(そら)の冒険 Part11 ~〝ゆったり〟は自由!~

だから、僕は、2100年までに、環境問題を正しい形で導いて、あざらしとか人を絶滅させないようにしたいと思います!

僕は社会人・学生混合会議でそう話した。

というか、両者の区別は特にない。差別になるからだ。ニートって言葉は、何かの勲章みたいに使っている社会だ。

怠けることが最大に気持ち悪く、隠れた気持ちを人のために生かせることが幸せ、という文化だ。

この国にしては、よく、集団主義を逃れて、こんな自由な社会になれたな…と思う。きっと、神様はいるのではないだろうか。
posted by とど at 19:56| 宇宙(そら)の冒険 | 更新情報をチェックする

2014年06月09日

宇宙(そら)の冒険 Part12 ~ヒカリ~

僕は、家に帰った。ご飯は一人で作る。家族と暮らせるが、家賃が安すぎるので、一人暮らししない若者は皆無なくらいだ。ただし、引っ越しにはお金がかかるので、一人暮らしを維持したいなら、それなりに工夫がいる。もちろん、ソーラーカーは普及していない。

自分の欲求に正直になるためには、一人立たねばならない、らしい。ただし、あくまで心の話であり、環境問題解決に貢献できるなら、家族と暮らしなさい、という意見もメジャー。

そんなわけで、僕は、少し田舎に住んでいる。鈴虫鳴く、夜も更けゆくさながらに・・・かつて、歌の練習を一人楽しんだ神聖な場所に、今日もセンチメンタル風吹かしに行こう、夜景を見よう…、と。

ここは高台。涼しく心地いい。

って、黄昏れていると…。

パァァァァ・・・ 周りがとてつもなく明るくなる。

〝グガンゴゴゴン|д゚)〟すごい音がする。

宇宙(そら) 「一体、何なんだぁぁぁぁ――――( ;∀;) くおーーーーっ」
posted by とど at 20:30| 宇宙(そら)の冒険 | 更新情報をチェックする

2014年06月10日

宇宙(そら)の冒険 Part13 ~新展開!?~

賢三(ケンゾウ)「あーーっつ、あーっつつ。あついやんけー( ;∀;)」

煙蒸気の中から、マシンから、爺さんが出てきた(笑)

宇宙「あんた、なんなんだ!」

賢三「おおーー、すまんかったな。わしはケンゾウ。って、うおーーーーみつかってしもたああああーーーー」

宇宙「勝手に驚くな――!」

賢三「そうじゃ、見つかってしもうたなら仕方あらへん。あんたわしに似て賢こそうやな。この思い出の場所におるとは、見込みある。始めて来たし、変えてもあれやから、ちょっと来て!」

宇宙「ってさ。・・・もう、ナニガナンダカ( ;∀;)」

賢三「そやろ。そやな(・∀・)学校とか会社は?大丈夫?って取り乱しすぎた。私の悪い癖や。ごめん。」

宇宙「もういいですよー。チンピラじゃなさそうだし。僕は暇なので、いいと言えばいいですが…なんですか?」

〝どん!(効果音)〟

賢三「未来に来てほしいのじゃ――――!その方が早い。では行くぞ♪」

宇宙「ええええーーーー( ;∀;) んなむちゃなぁぁぁ」
posted by とど at 19:53| 宇宙(そら)の冒険 | 更新情報をチェックする

2014年06月11日

宇宙(そら)の冒険 Part14 ~赤い空の魔界~

ここは、西暦2070年。空は赤く、オゾン層がどうなったら、こんな赤褐色になるのか…という次元の、地球だった。

賢三「わしの育った地球じゃ。なぜこうなったか、まぁ聞いてくれ!」

宇宙「えーーーいきなりー。てか、緑ねぇぇぇぇぇぇぇ――――|д゚)のぉぉぉーーーー( ;∀;)」

ここはマジでひどかった。なんなの?魔界!?

でもさ。ここって、地球なんでしょ?

まさか、異次元の別惑星に連れてこられたってわけじゃないだろけど。

それにしても、パラレルワールドってことは、昔の歴史は一緒だよね。

宇宙「ここ地球?」

賢三「そだよーーー(・∀・)」

賢三「〝くわっ〟|д゚)」

賢三「( ;∀;)」

宇宙「(*_*;・・・・・・・・・」
posted by とど at 21:21| 宇宙(そら)の冒険 | 更新情報をチェックする

2014年06月12日

宇宙(そら)の冒険 Part15 ~この世界は…~

宇宙「なるほどなー。僕の理論通りなら、ここは未来でありながらすでに過去…」

賢三「うーむ。なんか、私が言ってたのと同じようなこと言ってるねぇ。」

宇宙「聞かせてよ。何なのここ?」

賢三「おっしゃ( ;∀;)それは、私が、とどのパラレルワールドって論文書いてた、ずーっと前の話ね。」

宇宙「ふむふむ(・∀・)」

賢三「私が生きてるより前、この世界は、2度の世界大戦があった。1945年の夏に、第2次世界大戦が終結し、人々は平和に導かれたと思いきや・・・|д゚)」

宇宙「ふみゅふみゅ(・∀・)」

賢三「地球で人口爆発が起こってねー。なぜか、私が高校の頃には、60億越えてたからねー。」

宇宙「あーそれ起こったよ。でも、全人類27億程だから、60億って異常じゃね?」

賢三「なっっ、なぬーーーーっ( ;∀;)」
posted by とど at 22:39| 宇宙(そら)の冒険 | 更新情報をチェックする

2014年06月13日

宇宙(そら)の冒険 Part16 ~タイムマシンなんてどうしたの?~

宇宙「第2次世界大戦はね。おおむね合ってるよ(・∀・)」

賢三「時代差56年だから、そりゃ違うのはわかるけど…。」

宇宙「タイムマシンなんてどうしたの?」

賢三「実は、未来の人に頂きました♪」

宇宙「ほえーーっ(・∀・)」

賢三「でねーーっ。第3次世界大戦が起こったのが――――」

宇宙「ああ!それ起こったの――!?」

賢三「いんや。滅びたのはそのせいではないよ。」
posted by とど at 19:22| 宇宙(そら)の冒険 | 更新情報をチェックする

2014年06月14日

宇宙(そら)の冒険 Part17 ~2030年過ぎにねー。タイムマシンがねー。~

賢三「えとねー。たしかねー( ;∀;)しくしく。」

宇宙「・・・・・・・・・・・・」

賢三「私が27歳くらいのとき、世界の人口が70億いてねー。」

宇宙「えーーー。10億も増えたのぉ――――|д゚)ガビーン」

賢三「でー。2030年過ぎにねー。タイムマシンがねー。完成ねー」

宇宙「もじもじ・・・(・∀・)」

賢三「しなかったよーー( ;∀;) でー、2040年くらいに、あまりに化石燃料使いすぎて、まさかの、地域紛争が起きてきた。」

宇宙「マヂデスカ|д゚)」

賢三「それが、マジ、肺炎とかなる人激増してさ。なんか怖かったもん。雰囲気が。」

宇宙「大丈夫…って、世界中が楽観視していた…と。」
posted by とど at 21:36| 宇宙(そら)の冒険 | 更新情報をチェックする

2014年06月15日

宇宙(そら)の冒険 Part18 ~〝No One Live〟~

賢三「さて。どうしても、核廃棄物が処理できず、でも、核発電は行おうと、世界中が乗り出した2020年前半。あらゆる国がね、共同廃棄処理場を夢見ていた少し前と違い、移送ができないだろう…って問題と、結局、すべての国が、地下深く穴掘れ…ってことになってね。戦争はやめようってことで、核開発の自由を加速させてね。でも、政治は、保守的に走ってね。ソーラーパネルばっかつくらない国は、悪だ―なんて、とんでもないことを言い出して、自分らの国が有利だっただけじゃろ・・・。」

宇宙「うーん。そういえば、僕の地球でも、環境問題は第一の課題だよ。皆、そのことに関心・・・というか、心配を醸してる。だぁーーーーーっ。どーすりゃいいんだーーーー。」

宇宙「ってか、マスクしないで大丈夫?」

賢三「へいきさー。大丈夫…というより、作物が育たなくなって、誰も生き残れなくなったんだよ…。実は、あの場所に行く前、懐かしい君の世界で、いろいろ食べてた…。もう、涙が止まらなくて・・・しくしく( ;∀;)」
posted by とど at 20:36| 宇宙(そら)の冒険 | 更新情報をチェックする

2014年06月16日

宇宙(そら)の冒険 Part19 ~〝揺らぎでワープ!?~

宇宙「じゃぁ、タイムマシンは、最初人気のない場所に?」

賢三「いんやー。地元の私がいた場所から、タイムトラベルしたら、人に見られはしなかったけど、隠すのもどうかと思って、近くの店にいってみたー。通貨同じで良かったー。ホントはだめだけどー。ちなみに、障害物感知機能はあるっぽいよー。」

宇宙「そーかー。食べ物か―。」

賢三「うみゅ。だからね。いったん戻って、こちらから、ここにワープして、キミの世界に行きました。」

宇宙「もしかして、ワープの方がエネルギーくうの?」

賢三「なんかねー。揺らぎを利用するから、エネルギー要らないらしいんだよねー。」

宇宙「タイムトラベルし放題|д゚)でも、いや、だから、こんな技術が出回ったら、戦争に・・・」

賢三「私は生き残ってしまった。今地球上には、死にかけのおいぼれが一人いるだけ…。未来の人がね。私を最先端医療で拉致って治療しましたーとか言ってたよー。もう寿命だけどね――|д゚)」

宇宙「賢三さんって何歳?」

賢三「君と同じ、1986年生まれ、今、83歳だよ――。」
posted by とど at 20:36| 宇宙(そら)の冒険 | 更新情報をチェックする

2014年06月17日

宇宙(そら)の冒険 Part20 ~〝そう。誰も予想できなかったんだ。〟~

賢三「エネルギーを核力で得られない、得ても汚染、核融合実験は予算を割けない、日本の資本主義は、キミの年齢でも、画一主義が猛威をふるい、受験・会社適応で、皆見せかけの自由しか手に入らなかったと思うよー。線路に飛び降りるとか、悲しいニュースが響いたもんだよ。」

宇宙「私の世界では、自殺志願者は、レア! だって、自由に好きなことが出来るもん。少なくとも…だけど。」

賢三「理論上は、そういう、協力的社会は、あった。でも、どちらかというと、ファシズムと変わらない淘汰主義を取り入れた国が大半だったんだ。資本主義、社会主義、名前は様々でもね。その名に恥じぬ完璧なものをつくることはできなかった…。」

宇宙「難しいものだ…。僕は、環境問題を何とかできれば…と思ってきた。」

賢三「でも、時々、それが根かわからなくなる。」

宇宙「奴隷は、産業化で初めてゼロにできた。それは確実に成功だった。」

賢三「なのに、このおいぼれの頭脳をもってしても、この成功をつなげることはできなかった…。」

宇宙「まさか・・・、戦争ではなく、環境破壊で、人類が1世紀にも満たない期間で終わってしまうなんて・・・」

賢三「そう。誰も予想できなかったんだ。」
posted by とど at 22:08| 宇宙(そら)の冒険 | 更新情報をチェックする