2019年11月02日

運命のロマンスが流行る✧すてきな理由☆彡 - [ω:398] 世界に☆ちゅっ♡ [episode:14]

ここで分かるのは、無名サイドである冒頭の者は、その主張の発見の説得性を、未来を含んだ総合的なポテンシャルとして外在化させていくということだ。

これは、形態形成でも 精妙性でも、何でもいいが、長時間的に共時的に生成され、ふしぎな影響を、外側の社会に、内部から影響させていくということだ。

これを自分は やっていないと冒頭の者が主張しても、菩薩の誓いを行っているのなら 言い訳にならない✿


なぜなのかは分からないが、起こっていることは、データをきちんと取れば、証明できる。


誰もが、予知夢やデジャヴや共時性の仮説が大衆化していることは知っているが、なぜそうなったのか、深く考えてほしい。

だれかの、障壁的な差し金ではなく、本当のしっかりとした根拠の方を。


運命のロマンスが流行る理由、でもいい。
posted by とど at 16:00| 世界に☆ちゅっ♡ | 更新情報をチェックする