2016年01月11日

多世界解釈は 何処ぞから来た? - [Q:4] 英雄(え~ゆ~)の旅

話を戻そう。

〝光はパラレルワールドの痕跡だ!〟

聞いたことがある人もいると思う。

そもそも、〝多世界解釈〟とは、〝コペンハーゲン解釈〟などに並ぶ

現代物理学の〝不確定性原理〟から導かれた

〝粒子と波の二重性〟に関する、理解の方法の一例なのだ。
posted by とど at 22:14| 英雄(え~ゆ~)の旅 | 更新情報をチェックする