2020年11月21日

放送コードに_■〔::〕常軌を//逸した〝反意図の意図〟??★! - [ω:783] 世界に☆ちゅっ♡ [episode:25]

未来のフレンド「この出来事のポイントは、発達段階の深さを判断できない 機能不全の時代に 仕掛けられた ということです。―― よって、敵は、すべての発達段階を理解することのできる人間たちが 中心となる社会に、とてつもない恐れや反感を 持っている人物たちであったと 想定されます。―― 当時、誰も、ダークなそれ●の意図を、理解できませんでした。 内面自体が 資本主義という神の 異端であると 思われていた時代、そもそも、意図は存在せず、飴と鞭のような〝恐怖の感覚を内面と取り違える〟ことで、芸術ではないものが 芸術だと思われていたのです。 第一印象が気になる仕掛けを施せば、内容は売れればいい、どうでもいい、ということです。―― このショックを 画面で仕掛けることで、強烈な強制力なる 鼓動の変化等を 生じさせることができ、それが、芸術の深さだと 誤認すらされた 時代でした。―― よって、ダークなそれ●の意図〝全ての良いものの破壊〟は、解釈される必要があったために、【解釈を拒むという選択】によって、―それは最悪の対応であって― 、瞬く間に 大感染を広げたのです。」

POP✧POP❉レ[=オン]❀和(なごみ)∫統領☀「それを制作した組織は、正しい解釈と評価を貰えないことで、付け上がったんだね。」

芸術のニンジャさん「それが、予知の悪用で 巧妙に計算されていたのなら、ヒットは 数々の謀略に 裏打ちされているから、上記の神付も、ついでに 悪魔の触媒と することができる。」
posted by とど at 16:00| 世界に☆ちゅっ♡ | 更新情報をチェックする

2020年11月22日

予知の目的!!【ピース✧】 - [ω:784] 世界に☆ちゅっ♡ [episode:25]

未来のフレンド「つまり、スポンサー、他の原作漫画の非作家側、そういった権力側の人々が、生活世界の植民地化、ダークなそれ●の無条件の肯定を、所与の神話・無根拠のドグマとして、大衆に植え付ける方向で、動き始めるのです。 こうなれば ―――――(以下)。 予知が未来を より良き方向に導き、恩恵を受けるのは、無名サイドのみんなです。―― この、とてつもない財産が、病気に 集団感染していることを 知っても、権力者たちは、自分たち可愛さに、すべてを黙認しました。――そして―――」

POP✧POP❉レ[=オン]❀和(なごみ)∫統領☀「予知って、一番の目的は、【核戦争を 引き起こさないこと】 だったんだよ。 最近分かったんだけど。」

芸術のニンジャさん「未来少年・少女たちのために。―― だから、歴史すべてが、戦争をしないように、全力で努力してきた結果。 だから、もし大きな戦争が 起こってしまったら、それこそ、正しい予知能力や深さの責任を〝壊す〟ことになるのか…。 ―― それが目的で。」
posted by とど at 16:00| 世界に☆ちゅっ♡ | 更新情報をチェックする

2020年11月23日

運命を変える衝撃☆を(>ω<)!! - [ω:785] 世界に☆ちゅっ♡ [episode:25]

未来のフレンド「別の見方もあります。 作家の家族を 人質にされる 神の鳥の境地 です。―― こうなれば、編集長などは、敵と思われる陣営を切り離すことが 出来かねます。―― 結局は、作家が反対を主張する頃には、感染は 進行し続け、それをも 計算として 世を転覆させようという もくろみに 負けたんだという 暗い空気が、世界を 切り離してしまうのです。―― そうなっては、手遅れです。 次元を変える衝撃を、起こしましょう!」

POP✧POP❉レ[=オン]❀和(なごみ)∫統領☀「配信を根絶できないことで、ダークなそれ●のウイルスは、必ず進行し、配信業者を 加担者にし続ける。―― それで 止められなかったんだね。」

芸術のニンジャさん「歴史的・世界的な 観光地、街を乗っ取って、大衆に 偽の正当性を 振りまくっていう 工作員運動も、最大限の嫌がらせになるんだよ。」


一体、なぜ これほどのことを 【意図】 するのか?
posted by とど at 16:00| 世界に☆ちゅっ♡ | 更新情報をチェックする

2020年11月24日

未来☆特効薬✧✧という〝神さま〟(・∀・)⁂⁂ - [ω:786] 世界に☆ちゅっ♡ [episode:25]

未来のフレンド「ダークなそれ●が 大衆に 強力なポピュラリティ支配力を 持つのは、ひとつの 絶対に変えられない 運命から 来ています。 つまり、私たちの基本的な直観は、『ダークなそれ●には 意味がある』ということです。 それを、とんでもなく間違って 浅く解釈してしまった結果が、その 集団感染でした。―― もっと進んだ解釈 は、こうです。―『ダークなそれ●には 何か引っかかるものがあるので 慎重な解釈は避けることができないだろう』― この洞察を 起動させることができない以上、感染が止まることは 有り得ません。 疫病とは、神なのでしょうか? ―― 特効薬という科学もまた、発達した 神なのではないでしょうか? ―― そして、予知が 未来を より良く作るのならば さらなる解釈に開かれることこそ、より深い神と なるのでは ないでしょうか?」

POP✧POP❉レ[=オン]❀和(なごみ)∫統領☀「そうきたか(・∀・)」

芸術のニンジャさん「結論。―― ダークなそれ●は〝全部否定することで唯一、価値を持つ〟」
posted by とど at 16:00| 世界に☆ちゅっ♡ | 更新情報をチェックする

2020年11月25日

真正✧太陽〝一瞥〟奮戦(>_<)('Д')☀ - [ω:787] 世界に☆ちゅっ♡ [episode:25]

未来のフレンド「もう一度言いますが、ダークなそれ●に限っては、予知の悪影響を前提として〝より良き者すべての否定の願い〟のみに、すべてを注ぎ込んで生じた バグだということです。 予知能力の人々の集まりは、こう結論付けています。―― よって、抗体を持った者は、① 他者に みだりに感染させることは 完全にご法度・罪の意識に潰れなさい、② ワクチンの開発・菩薩の誓いによる正しい解毒としての見解を述べ続けることに選択の余地はない、③ 最終目標は それの根絶である 目的を はっきりさせなければならない・そうしないと根絶はない ――― という運命のために、ダークなそれ●を 具体的に調べる必要すら出てくる点と、①により 名前すら出すことができないという義務によって、信じられないような断崖に追い込まれる近況になります。―― 未来のことばの悪用は、太陽という肯定的な言葉を そのまま使う詐欺のように、表面上は、正しい主張を持ってきて、それに いかにも 味方をしているか そもそもの原作を主張している、と見せかけます。 パラレルワールドは、特に、その擬態に もってこいだったのだと、予知の陣営は 主張しました。」


POP✧POP❉レ[=オン]❀和(なごみ)∫統領☀「壮大すぎる話ですω」

芸術のニンジャさん「菩薩のワクチン・・・すげぇーーーー( ゚Д゚)←責任大大大大大...」
posted by とど at 16:00| 世界に☆ちゅっ♡ | 更新情報をチェックする

2020年11月26日

因果律を書き換え..引き起こされた厄災!! - [ω:788] 世界に☆ちゅっ♡ [episode:25]

未来のフレンド「ダークなそれ●は、自然災害では ないんですよ。 著作である以上、全く別のメカニズムなので…。 また、これを囮にして、さらなる仕掛けを施すことだって、いくらでもできます。 そして そのサークルの中に、〝議題の厄災〟が 含まれてくるのです。―― 悪く言われれば、(ダークなそれ●を) 擁護したくなる陣営も いる中で、決して収束しない意図。―― 予知の陣営は、負けに近い絶望を 舐め続けます。―― そのことが いかに狂喜だったのか・・・ 何かは、厄災を さらなる意図と しました。―― 私が 最初に言ったように、心と非時間とエネルギーの、未来の常識からすると、起こったことすべては、あらゆる意味で、〝私たちの解釈(n)〟なのです! ―― つまり、厄災とは、意図(n)と離れることが 決してない〝現実〟なのです。」

POP✧POP❉レ[=オン]❀和(なごみ)∫統領☀「厄災自体は、最終的に、起こったんだね?」

芸術のニンジャさん「そして、あなたの世界の歌姫は、疑われたけれど、本当は、全く関与せず、【厄災を撥ね退ける方の陣営】だった、ということだね。」
posted by とど at 16:00| 世界に☆ちゅっ♡ | 更新情報をチェックする

2020年11月27日

直観の証明✧☀✧ - [ω:789] 世界に☆ちゅっ♡ [episode:25]

未来のフレンド「厄災は ある日、世界中を襲います。―― つまり、シーンで見ることのできるタイプの予知人たちは、いつか、この出来事が起こることを 知っていたのです。―― 罪の意識に さいなまれることを見込んで、規模の分からない何者かは、まさに、もくろみが成功したことを確信します。 ―― まだ、言うべきではないと思うので、これ以上は語りませんが、一部の予知能力を持った者の中に、何者かに誘われて、歴史を合理化させる目論みに 負けてしまった者も いるようです。―― そして、厄災自体が、揺るがない一つの現象を見た予知 という前提の外にあるもの、もっと複数の流れのような現象を言っている という捉え方も重要です。―― ここでは簡単に、厄災は 世界中を巻き込んだ、シーンの予知は そういった状況の断片を仮定的に捉えていた、という2点を おさえましょう。」

POP✧POP❉レ[=オン]❀和(なごみ)∫統領☀「つまり、いつ起きるか分からない、本当に起きるか分からないものに対して、有効なのは、解釈(n)なんだよ。」

芸術のニンジャさん「直観タイプの鋭さの証明は、上記の大変さが分かるかどうかで、観測(n)できるんだよね。」
posted by とど at 16:00| 世界に☆ちゅっ♡ | 更新情報をチェックする

2020年11月28日

人間史の問いかけ!〝本当の和平〟 - [ω:790] 世界に☆ちゅっ♡ [episode:25]【貫け❀僕らの“DIAMOND”トーク✧】

未来のフレンド「ある意味、今回の本題は、歌姫に関するものでしたね。 私の語ることは、昔話になりますが、あなたたちにとっては、直接的な意味で、最近の出来事なんですね。 私の語る意味での その歌姫は、大切な人との別れを予期して、大きな悲しみを ため込んでいた、ということで、ここには、解釈(n)が働いていると、分かりますね。―― 当然、何者かは、ある予知能力者に対して、さらなる都合の良い解釈を提供することができます。―― 歌姫は、彼らに、無数の視点を経由して、解釈されたわけです。 ―― しかし、思い込みも、行きすぎると事実になります。 その逆だと思う人も たくさんいたので、どうにかしていれば と思うのですが。 ―― 結果的に、歌姫は、数多くの、予知人たちに、何か隠し事をしていて怪しく思われている、というシーンを、解釈された、ということなんです。 ―― 何者かは、予知の陣営を根絶する時、歌姫は、大駒として使える、と思ったのでしょう。 ひどい話ですが、鍵は、この真実に、周りの人が気付けるか、に かかっています。」

POP✧POP❉レ[=オン]❀和(なごみ)∫統領☀「でも、組織ぐるみで、横のつながりが 構成されていそうだね。」

芸術のニンジャさん「それが、疑いを助長させるんだろうね。 だから、芸術家とスポンサーの間に、実は (地球規模へ発展する闇の芽としての)戦争を やるかやらないか という選択による〝意見割れ〟がある。―― 当然、歌姫は、芸術家側で、戦争反対。」
posted by とど at 16:00| 世界に☆ちゅっ♡ | 更新情報をチェックする

2020年11月29日

道徳の要請!!!宇宙リーダーの〝KEY(鍵)〟♪♪ - [ω:791] 世界に☆ちゅっ♡ [episode:25]

未来のフレンド「ここで、戦争なんてまっぴらだと思っている、多くのスポンサーや権力者が、絶望的に、予知を 生活世界の植民地化に食い漁り、内面を売れ線に縮小・還元し、そのすべてに 気付かぬふりをしている、ということで、何者かは、その手助けをするといえば 彼らが喜んで飛びついてくると知っており、巧妙に、その機会を使うだろう ということです。 ―― その不安定な精神を、さらに 不安定なことのために 繰り返し つけこんで利用することができるので、芸術家側は、いつしか、批判を盛り込んだ意図が、批判対象の者たちや 戦争の 助長と見られるように、情報と文化を ジャックされていると気付き、こちらも さらに動揺していくのです。―― つまり、これらすべてを理解することができることが カギであり、そのために、私は、タイムマシンを送ろうと思ったんです。 願いを込めて―――」

POP✧POP❉レ[=オン]❀和(なごみ)∫統領☀「その理解のカギは、開くことができるんだ。 スポンサーにも。」

芸術のニンジャさん「多くの視聴者も、空気が変われば、何かを察する。」
posted by とど at 16:00| 世界に☆ちゅっ♡ | 更新情報をチェックする

2020年11月30日

そんなもんだっていう神話 ☆生活世界侵略メカニズム☆ - [ω:792] 世界に☆ちゅっ♡ [episode:25]

未来のフレンド「何者かを理解する手掛かりとして、起こっている状況である、生活世界の侵略のメカニズムを 復習しましょう。―― その1、おもに ある大企業のブランドが 色々な意味での 分野の違う 複数の業界・営みを ブランド名だけで 張り付けるように運営・提供し、それで困るものにお構いなしで 資本を維持・肥大させるために 責任を取らないこと。また、2を含めて 薄っぺらい責任を ちらつかせるだけの場合。 無名サイドと芸術家が 生きにくいフラットな社会ができる原因で、ハードとソフトの関係も同様です。 ―― その2、根絶したい分野・営みに対して、その主張や権利を買収等して、表面上 元の作品・主張を そのまま体現させ、全体の組み合わせで 裏の主張を強要する行為・運営。 広義の原作改変。 打ち切りへ追いやるものも同様。 1と 基本的なメカニズムは同じであるも、芸術家などの個人側に対して 会社やスポンサー側を引き込んで 圧力をかける点が 目も当てられないながら、区別できます。 ―― いずれも、情報操作を牛耳る所まで行きます。 本来の、生活世界の植民地化の意味は、独白的な観測基準を絶対化する ドグマを押し付けること全般で、内面を無視させるシステムは、心に対しての侵略 ということです。」

POP✧POP❉レ[=オン]❀和(なごみ)∫統領☀「雑誌って、新聞に近い業界だもんね。 情報を操作することは 可能だと思う。―― そして、何者かは、こういった、未来の生活世界が、気に入らず、侵略したいということなのかな?」

芸術のニンジャさん「大体、理不尽なことって、全体を考えるカギを隠すことで、あるいは、新たに発現させないことで、世に常識として定着させるんだよね。―― そんなもんだっていう神話。」
posted by とど at 16:00| 世界に☆ちゅっ♡ | 更新情報をチェックする