2015年11月11日

パラレルワールドは 僕たちの中にあるんだよ('ω')ノ - [Part259] エマージェンス・サイド

ららちゃん「故郷に、戻りたいね!」

遥「僕らの好奇心は、確かに満たされた。世界は、パラレルワールドと時間の矢は、形ある〝悟り〟で出来てるんだって。」

潤「僕たちは、あと一歩でも、時間を超えたこの旅のように〝自己中心的制限を超えていかなければならない〟」

僕たちという自我のパラレルワールドは、一筋縄ではいかないからね(笑)

故郷の世界で出来ている!
posted by とど at 23:56| エマージェンス・サイド | 更新情報をチェックする

2015年11月12日

ゴールへ導く 僕らの〝いま〟 - [Part260] エマージェンス・サイド

ららちゃん「私たちは、パラレルワールドなんだね。」

潤「そうだよ。過去と現在と未来で出来ている世界だ。もちろん、ここでの過去と未来は、時代ではなく時間記憶と期待ね。」

遥「悟り、瞑想とは、この自我のパラレルワールドを、果てへと導くことだったんだね。」


そう、僕らは、きっと、この先も、成長していけるだろう。
posted by とど at 22:59| エマージェンス・サイド | 更新情報をチェックする

2015年11月13日

このストーリーが あなたの心に響きますように - [Part261] エマージェンス・サイド

それは、苦しくも、すてきな旅だ。

このストーリーが、誰かの心に響けばいいな。

そうして、また新たなステージに繋がっていける。



遥「僕ら、果てを再び目指すよ!」

ららちゃん「私の故郷に寄ってからね!」

潤「ね。僕、ここに残るよ。しばらく、科学の触媒の研究したいんだ。頼んだら、手伝わせてくれるって。」


エマージェンス・サイド 6章「果てからの帰還編」≪完≫
posted by とど at 22:15| エマージェンス・サイド | 更新情報をチェックする

2015年11月14日

恋人について哲学してみない~? イエーイ♪ - [Part262] エマージェンス・サイド ☆遂に7章(≧▽≦)☆

潤が、離脱する。

頼もしい、大好きな親友と、別れる。

〝これからは2人だね♡〟

彼の言葉は嬉しいけど

ららちゃんは、僕の恋人とも違うような気が(笑)

僕たちは、最後の大仕事

さらなる果て、無限の果てを旅する。
posted by とど at 21:45| エマージェンス・サイド | 更新情報をチェックする

2015年11月15日

見慣れた道を見ると〝ほっ(・∀・)〟とするよね(笑) - [Part263] エマージェンス・サイド

ららちゃん「着きそう?」

ロロ「一応、350年後の世界で、ららさんに一番近い世界を、前回のタイムマシンのコアCPUから、抜き出しまして、特定はしましたが、現在、一旦1億年後の原点の時代からも、逆算中です。」

答え合わせだね。

ロロ「これまた、40,50分程度で完了しますので。」

これをやると、その後のトラベルがやりやすくなるんだよね。
posted by とど at 22:10| エマージェンス・サイド | 更新情報をチェックする

2015年11月16日

〝みんなかぞく!みんなみんなだいすき!〟って言いたいね - [Part264] エマージェンス・サイド

遥「着いたね。」

ららちゃんの故郷、に限りなく近い、創発世界。

ららちゃん「変わってないね。」

遥「でも、皆、すごく、自己実現的だよ。」

ららちゃん「私の世界に比べて、朝起きるのがだるいから 耐えた後で システムのメディカルチェックを受けよう、的な感じのが少なそう。朝だけは、特に冬、だるいんだよね(^^♪」
posted by とど at 22:05| エマージェンス・サイド | 更新情報をチェックする

2015年11月17日

〝きんちょー〟って 先天性不安遺伝子のせいじゃないらしいよ(・ω・)♪ - [Part265] エマージェンス・サイド

僕らが経験した、ららちゃんの世界の、グルヨーガ労働。

ドキドキワクワクする活力は、生活感あふれる間主観的・社会的労働で表現できるとする

自己実現を含んだ後に出てきた洞察だけど

当然、それは、夢を叶えた人が、同じ目線で人と手を取り合う〝ありのまま〟であり

子どもにとっては、やりたいように、でも正しい援助を受けながら、大人になるべきだ。

彼女の世界と少し違うのは、悪性の緊張が、極限にまで緩和されているところだろうか。
posted by とど at 21:56| エマージェンス・サイド | 更新情報をチェックする

2015年11月18日

大地に足を付けて〝しんこきゅ~〟してみよう(≧▽≦) - [Part266] エマージェンス・サイド

ららちゃん「私の世界の恍惚慈愛的労働主義は、一応、自己実現の精妙な自分勝手さの反動だったから(笑) ホントは、働かなくていいのよ。いわゆる実践活動は、〝自分はこれをやるって決める〟という硬すぎる意思によって、柔軟性を失う〝有害な活動〟になる。バーチャルシステムで抑えてたけど、自分の直観で〝これでは感性が混乱する…〟って感じるなら、しちゃダメ!」

遥「そうだね。君の故郷では、自己実現をしている人は、白い目で見られないこともなかったけど、〝無行為〟それこそが、旅して分かった洞察。自己実現も、悟りによる基本労働も、形に囚われるだけじゃ、いつか、誰かに壊される。」

ららちゃん「両親は、夢追い人だったわ。」
posted by とど at 22:41| エマージェンス・サイド | 更新情報をチェックする

2015年11月19日

小さな〝つづら〟は ラッキーアイテムです('◇')ゞ - [Part267] エマージェンス・サイド

遥「世界の分岐だと、僕らの時代で思われていたもの、本当は分化と関係ないって、そういえば説明してなかったね。」

ららちゃん「創発した私たちの故郷世界だけど、例えば、創発世界O2と故郷Oだとして、O⊂O2は、より多次元世界的に平等になって、相対性が普遍性に変わると、O=O2になるんだよね。それは、ブラックホールサーフィン(時間移動)の技術が広くいきわたっていたことからも分かるし、そのうち果てを繰り返せば、O2が無限に離れた果てでも、O=O2になる。」
posted by とど at 22:32| エマージェンス・サイド | 更新情報をチェックする

2015年11月20日

リベラル憲法は偉大!(・∀・){自由民権思想のことね - [Part268] エマージェンス・サイド

遥「つまり、創発世界O2(Bでもいい)は、故郷Oに何か付け加えられはするけど、分化するのは〝私たちや社会文化の認識・安定性〟であって、Oしかないという視点が、OやO2がある、という視点に〝差異化/統合〟される。」

ららちゃん「OもO2も、タイプなんだよね。両方普通の世界で、あなたと私みたいなもの。あなたは私から分化したとは言わない。OもO2も、同じ線や点で表すことができて、Oが一なら、O2は二みたいに、線に纏う(アップデート)ものが多くなるだけ。〝差異化/統合〟とは、ある対象(ホロン)に区別がついて、それをより高機能に合わせること。特に個体や、世界線等、独立しているもの(個体や集合)の〝内部〟での複雑な進化のことを言い、〝他者〟や〝他世界〟は、生まれてから死ぬまで〝別〟ということだね。」
posted by とど at 21:51| エマージェンス・サイド | 更新情報をチェックする