2014年10月21日

太陽(ヒカリ)に届(とど)け! Part23 ~選ばれた人~

ヒカリさえ手に入れば、あとはどうでもよかったんだろうな…

僕は、飢えていた。

そう。選ばれた人は違うから。

僕はそうでないから。

だから。
posted by とど at 23:05| 太陽(ヒカリ)に届(とど)け! | 更新情報をチェックする

2014年10月22日

太陽(ヒカリ)に届(とど)け! Part24 ~身を任せて~

うん。ひとつ言うとね。

あの〝身を任せて生きる〟っていうのが


何か感じたんだ。

とてつもないものを…。


一体運命って何なんだろう?
posted by とど at 21:58| 太陽(ヒカリ)に届(とど)け! | 更新情報をチェックする

2014年10月23日

太陽(ヒカリ)に届(とど)け! Part25 ~心を強く~

僕は、拙い発声練習を始めた。

すべては、太陽に届くため。

でも、届くためには届けなきゃ…。

太陽「心を強く持って!」

そう言われている気がして

僕は、孤独と愛が、不思議と混ざっていくことを感じた。
posted by とど at 21:48| 太陽(ヒカリ)に届(とど)け! | 更新情報をチェックする

2014年10月24日

太陽(ヒカリ)に届(とど)け! Part26 ~オーディションは狭き門!~

現実問題は

オーディションに対する恐怖

そして、大学をどうするのか。

僕は、技術の専門書は嫌いなんだよね。何書いてあるのかわからないし。
posted by とど at 22:13| 太陽(ヒカリ)に届(とど)け! | 更新情報をチェックする

2014年10月25日

太陽(ヒカリ)に届(とど)け! Part27 ~秋の空に急展開!??~

初めてのヒカリのライブ。

僕は、彼女に会ったんだ。
posted by とど at 20:13| 太陽(ヒカリ)に届(とど)け! | 更新情報をチェックする

2014年10月26日

太陽(ヒカリ)に届(とど)け! Part28 ~最初で最後の告白チャンス!?~

それはそれですごいことだけど

その時告白しとけばよかったのに。


届「できるか!」

太陽「うふふ。」

ってね。
posted by とど at 21:25| 太陽(ヒカリ)に届(とど)け! | 更新情報をチェックする

2014年10月27日

太陽(ヒカリ)に届(とど)け! Part29 ~強くなろう~

頭ん中でぐるぐる回る

ヒカリの〝FEEL〟

流れゆく雲を見つめて

僕は、決心した。

強くなろう。
posted by とど at 21:39| 太陽(ヒカリ)に届(とど)け! | 更新情報をチェックする

2014年10月28日

太陽(ヒカリ)に届(とど)け! Part30 ~都心のビルの〝エリート権威〟~

世の中が確かに地獄に思えた。

都心のビルは、何者も受け付けない〝エリート権威〟に満ちていた。

本当は僕の気持ちの投影物なんだけれども。

その時は分からなかった。
posted by とど at 23:23| 太陽(ヒカリ)に届(とど)け! | 更新情報をチェックする

2014年10月29日

太陽(ヒカリ)に届(とど)け! Part31 ~ロンリーナイト~

おちつけ・・・。

でも、閑散とした霧がかった小雨の山中に、一人ただ静寂として置き去りにされた気分。

このまま夜になったら、どんな気持ちになる?

でも、せめて、この土のにおいを好きになり、そして、自然と友達に…。

そうして、1年が過ぎた。
posted by とど at 23:47| 太陽(ヒカリ)に届(とど)け! | 更新情報をチェックする

2014年10月30日

太陽(ヒカリ)に届(とど)け! Part32 ~自転車と図書館と温泉~

僕は、少しだけたくましくなった。

自転車で数十キロ先の隣町まで行ったり

中央図書館ですんごい本に出会ったり

近場の温泉に寄ったり。
posted by とど at 22:58| 太陽(ヒカリ)に届(とど)け! | 更新情報をチェックする