2014年07月01日

宇宙(そら)の冒険 Part34 ~りりしい☆ヒロイン♡ 登場!?~

茂「ここが、部屋です。私たちは皆家族です。おーい!幸恵(ゆきえ)ーおいで―――!」

彼女は、茂研究員の娘だった。なぜ日本名かというと、書物が読みやすいから、インストール技術と併用して、日本語を共通語にした、という。

宇宙「初めましておじょーさん♡」

賢三「おおーー!?色気づきよったのー」

幸恵「あたしー!そーいう回りくどいの、嫌いなのーー。昔は、男女が離れて区別されていたじゃない?そーいう粗い分断が原因で、この世界は、滅びかけたのよ??」

2人「えーーーーー!?またなんだか・・・」
posted by とど at 19:22| 宇宙(そら)の冒険 | 更新情報をチェックする

2014年07月02日

宇宙(そら)の冒険 Part35 ~〝ゆき〟と〝さち〟(・∀・) 次なる目的は・・・!?~

茂「端的に言おう。さっちゃんには、この2人とともに、彼らのいたような未来の過去に行ってほしい。その前に、この世界のことを話してお上げ。ではお二方、お任せしますね♪」

宇宙「この人も、なんだか、端的すぎない?」

賢三「よーし。じゃあ、レディをさっちゃんと呼ぼー。」

宇宙「そーね。さっちゃん。ヨロシク♪」

さっちゃん「ふふふ。ではいくよ。」

賢三「ノリでさて次の展開へ話は進みます♪ってことな。」

宇宙「さっちゃんは、ティーンエイジャー?」

さっちゃん「17よーーん。」

賢三「ふみゅふみゅ。ええなぁ・・・。」
posted by とど at 20:07| 宇宙(そら)の冒険 | 更新情報をチェックする

2014年07月03日

宇宙(そら)の冒険 Part36 ~ 知欲の戦争 ☆科学が牽制しあう20世紀!☆ ~

さっちゃん「まず話すけど、この世界は、1968年に、知欲の戦争っていう、いわゆる知識・技術を奪い合う戦争が始まったわけよ。ケンゾーの言ってた、冷戦みたいなもの? で、火薬とか、石炭とか、いろいろ奪い合って、どこの国が優れてるー?って科学の競争みたいのが始まったの。」

宇宙「ちょっとまって!?核兵器…、原子力系の技術とか、発電はどうなったの?」

さっちゃん「そんなものなかったわよ!」

宇宙「どっしゃーーーー(・∀・)」

賢三「ほんと、緩やかに歴史が展開してるね。」

宇宙「そうか・・・。だから、ここでは、世界大戦で核兵器が使われなかったんだ…。」

さっちゃん「いいえ!その核兵器で、世界は滅びたのよ!!」
posted by とど at 18:40| 宇宙(そら)の冒険 | 更新情報をチェックする

2014年07月04日

宇宙(そら)の冒険 Part37 ~御船で世界大戦~

賢三「まず、20世紀前半の話を聞かせてあげて♡」

さっちゃん「そうね。とりあえず、ケンゾーの世界の話から察するに、私の世界では、2度の世界大戦があったわ。でも、大戦は、船で行われた。それでも、当時、画期的な技術で、今では、タイムマシンが来てたんじゃないかって思ったくらい。」

宇宙「なるほど。じゃあ、大航海時代って、あった?」

さっちゃん「その頃までは、ケンゾーの歴史と大差ないわよ? ただ、大規模な魔女狩りは、ケンゾーの歴史ほどじゃなかったと思う。その代わり、疫病が半端なかった…。」

賢三「つまり、疫病を治す医学が持ち込まれた世界では、魔女狩りが悪化した…」

宇宙「でも、日本があったんだから、歴史はさして変わってないよね?」

さっちゃん「織田信長はいたし、徳川も明治もあったけど、大正が60年くらい続いて、その後、年号が英知になったわ。」
posted by とど at 19:51| 宇宙(そら)の冒険 | 更新情報をチェックする

2014年07月05日

宇宙(そら)の冒険 Part38 ~そーだといいなぁ・・・~

宇宙「そこは、昭和じゃないと寂しいねー。僕の世界では、ちゃんと賢三じーさんと同じ平成だよ。」

賢三「私の時代は、大正が1926年終了で、15年間しか続かなかった。」

宇宙「その後昭和が、57年間続いた。」

賢三「ありゃま。」

宇宙「まさか・・・。確か、バブルと関係していたようないなかったような…」

さっちゃん「ケンゾーの時代はね。昭和64年よ!」

宇宙「さすがに頭痛くなってきました♪」

賢三「首相とか違ってるのに、同じ年号って奇跡だよね。」

さっちゃん「日本は、それだけ心から、平成を願っていた・・・ってことじゃない?」

2人「そーだといいなぁぁぁーーーーーーーーー( ;∀;)」
posted by とど at 21:46| 宇宙(そら)の冒険 | 更新情報をチェックする

2014年07月06日

宇宙(そら)の冒険 Part39 ~技術革新という名の冷戦~

2人「めそめそ・・・」

さっちゃん「だって、2人の歴史って似通ってる上に、ケンゾーの方は、世界が崩壊してるんだもんね(-_-)」

宇宙「じゃーさー。続きを聞かせてよー。」

さっちゃん「そうね。とりあえず、2010年くらいまで、世界はちまちま技術革新を見せびらかす、政治的戦争をしてたの。TVは、あなたたちの言う当時のやつが、1970年くらいから普及して、カラーのは、75年くらい。ハイビジョンなんてものは、なかったわ。」

宇宙「ってか、PCって、いつできたの?」

さっちゃん「2070年よ!」

2人「えーーーーーーーーーーーー|д゚)」
posted by とど at 21:07| 宇宙(そら)の冒険 | 更新情報をチェックする

2014年07月07日

宇宙(そら)の冒険 Part40 ~す‥少なっ|д゚)~

宇宙「だってさ。賢三じーさんの地球、滅びてるんだよ?」

賢三「・・・・・・・・・・・」

さっちゃん「まず、核となる出来事を知らなきゃ。」

宇宙「核!?」

賢三「原子力の話じゃないよ。キモだよ。」

さっちゃん「同じようなものよ。」

賢三「はてさて。」

さっちゃん「2010年当時、世界人口が、8億人を超えた。」

宇宙「す‥少なっ|д゚)」
posted by とど at 21:33| 宇宙(そら)の冒険 | 更新情報をチェックする

2014年07月08日

宇宙(そら)の冒険 Part41 ~歴史の加速~

賢三「私の地球では、産業革命期でもそれ以上いたらしいから。」

宇宙「ってことは、この時点で、進歩と人口は加速しているよね。」

賢三「一体誰が…」

さっちゃん「わたしかも・・・(・∀・)」

2人「えーーーーーーーーー|д゚)…ってもういいか、このりあくしょん。」

さっちゃん「正確にはね、先祖が、だけど。」

賢三「8億なら、人口爆発って言わないね。」

さっちゃん「PCのもとは、1970年には当然あった。でも、知識戦争と、度重なる学者たちの独占、隔離、差別区別・・・なぜ100年もの間、コンピューターの発達が遅れたのか…」

2人「ま・・・まさか|д゚)」
posted by とど at 22:24| 宇宙(そら)の冒険 | 更新情報をチェックする

2014年07月09日

宇宙(そら)の冒険 Part42 ~英知の崩壊~

さっちゃん「そのまさかよ(笑)」

2人「|д゚)」

さっちゃん「人類はやっちゃったの( ;∀;)」

宇宙「だーーーここにも核兵器だ――――!」

さっちゃん「それは、あなたたちの言う、第3次世界大戦ね。私の世界では、英知の崩壊と呼んで、悲劇の歴史となっているの。」

宇宙「い…いつ起こったの?」

さっちゃん「2030年よ。」

賢三「私の聞いた未来より15年遅いな…。」

さっちゃん「というか、異常だったの。裏では、分断された研究がいろいろ進んでた。でも、裏で、誰も知らない代物を使って、全人類淘汰計画が進行していたの…」

2人「ソレッテマサカ・・・|д゚)」
posted by とど at 22:14| 宇宙(そら)の冒険 | 更新情報をチェックする

2014年07月10日

宇宙(そら)の冒険 Part43 ~情報独裁宗教~

さっちゃん「そう、それが情報通信よ。衛星とか宇宙開発だとかいうニュースは、日本でも飛び交っていたわ。で、いろいろ当時やってたんだけど、まさか、インターネットなるものの基礎が、悪事のみに使われてたなんて…。」

宇宙「まさか、独裁的支配者の権力がここまで強かった…」

さっちゃん「どうしても、残ったのよ。技術革新がもたらす戦争という悲劇。隔離した施設で、研究者たちは細々と通信衛星の研究をさせられてたわ。」

賢三「もはや、世界中の研究員が、何かの独裁宗教か…」

宇宙「切り離されたものは、必ず世界に牙をむく・・・」

さっちゃん「その通り。だから、進歩を嫌った私たちは、その名の通り、進歩の影によって…。」
posted by とど at 21:28| 宇宙(そら)の冒険 | 更新情報をチェックする