2019年07月18日

君がやさしいから☆彡 - [ω:291] 世界に☆ちゅっ♡ [episode:10]

ポイントは、何らかの方法で、未来の情景を具体的に見て、さらに、経験を含む より正しい推論、洞察が合致することで、大予言になるということだ。

僕の知っている、未来が分かると思える人々は、未来に対する解釈をするわけだけれど、確信しているのは〝強く印象に残った出来事〟例えば大きな心配などだ。

それが、未来において、どのように起こるのか、本当にそれが起こるのかは、結局、推論であり、理知的な洞察力を必要とするが、頭でっかちでは決して なしえない。

何度も言うけれど、それで、通常、未来を悪用することは、不可能だ。
posted by とど at 16:00| 世界に☆ちゅっ♡ | 更新情報をチェックする

2019年07月17日

大好きなゆめ! - [ω:290] 世界に☆ちゅっ♡ [episode:10]【ハートの未来予報に☆ちゅっ♡】

僕が今回言いたいのは、そういった推論という占いではなく、タイムマシンも使わずに、具体的な未来の詳細を知ることができるほどの予知能力を持った人たちだ。

仮説としては、未来の夢を見て、それが、自分の目的を変えてしまうほどの、正しき繋がりにつながるものである場合に、共時性としてさらに観測できることで、信じられる根拠となる未来だ。

その場合は、夢ではないけれど、僕も経験があって、やはり、推論の範囲内だ。

こんなことは、誰でも考えているだろう。
posted by とど at 16:00| 世界に☆ちゅっ♡ | 更新情報をチェックする

2019年07月16日

ひらめき すごい! - [ω:289] 世界に☆ちゅっ♡ [episode:10]

占いとは、道具が何であれ、共時性から予知夢まで、自分の経験則で未来を〝予測する〟時に、独特の共時性を手掛かりにして、理知的に〝推測する〟一連の手法だ。

ただし、それでは、僕のやっている〝洞察〟と同じものだ。

神秘的に考えたい人には、ふくれっ面されるかもしれない。


それでも、合意できるふつうの意味では、この推測こそが、理知的には占いなのだ。

的中率の話と、リアルアップデートも含んだ、実は 単純では無き 凝った世界だ。

そして、誰でも ある程度はできる。
posted by とど at 16:00| 世界に☆ちゅっ♡ | 更新情報をチェックする

2019年07月15日

思いやり✧ノ✧占い☆彡 - [ω:288] 世界に☆ちゅっ♡ [episode:10]

占いとは、コミカルに言っても、〝全面的に信じる必要はない〟んだ。

これは、イメージとしては、老楽師さんが 未来予知を道具を使って行うようなもので、どのような方法で行ってもいい。

これ自体は、占星術のように、ほとんどオカルトにもインチキにも使えるけど、立派な占いとしても十二分に成り立つはずの〝合意〟を得られるはずでもある。


では、なにが、それを 合格ラインに立たせるのか?
posted by とど at 16:00| 世界に☆ちゅっ♡ | 更新情報をチェックする

2019年07月14日

ゆったりライフで♪ - [ω:287] 世界に☆ちゅっ♡ [episode:10]

すると、自分のシキを当てられたとき、どうすればよいのだろうか?

いやいや、このベタな路線に行くのはやめておこう。

これを考えることで、社会は、予知能力者を排除してきたのかもしれないのだから。

って、存在をまず、信じられるわけはないか。


僕も、未来は、分からない。

逆に、予知できる人間が、本来在りえないのだけれど 未来を現在に〝悪用〟することが考えられる。

これが成り立つには、複雑な諸条件がある。

でも、まずは―――
posted by とど at 16:00| 世界に☆ちゅっ♡ | 更新情報をチェックする